WORKS

制作事例

  1. HOME
  2. 制作事例
  3. メルセデス500E パフォーマンスダンパー装着用 ブラケット

納品事例

メルセデス500E パフォーマンスダンパー装着用 ブラケット

お客様の声

今回は、ヤマハ製パフォーマンスダンパーを左右のフロントロアアームを繋ぐように装着するためのブラケットを作製頂きました。この装着の目的は、オーリンズ製サスペンションにより硬めに設定した足回りで時折発生してしまう突き上げ感を軽減するためで、ボディに伝わる不快な周波数域の微振動を該パフォーマンスダンパーに吸収させようと言うものです。効果的な装着場所を考慮した結果、フロントロアアーム部を選択しましたが、勿論ポン付けするようなことは不可能で装着用ブラケットを作製する必要があり、今回もNPSさんに依頼させて頂きました。そのサイズや形状から特に作製法についていろいろ相談させて頂いた結果、今回は削りだし法で作ることに決定しましたが、やはり綺麗な仕上がりで大変満足な逸品を具現化して頂きました。削りだし=高価という先入観がありましたが、リーズナブルな価格にも大変満足しています。実際にこのブラケットを用いてパフォーマンスダンパーを装着して走行すると、例えば、道路の繋ぎ目や窪みなどで不快に感じた突き上げ感が低減し、硬めのサスペンション設定を変更することなく、一段上質な乗り味を得ることが可能になったと思います。元来剛性感の高いメルセデスのボディであって、不快な振動は残存しがちだと思われますが、今回作製頂いたブラケットを用いることによりパフォーマンスダンパーの特徴を引き出すことができ、不要な振動を吸収できたものと考えています。※NPSさんのオリジナルステッカーをパフォーマンスダンパーに貼らせて頂きました。
匿名
メルセデス500E パフォーマンスダンパー装着用 ブラケット