WORKS

制作事例

  1. HOME
  2. 制作事例
  3. MC-1 ホイールディスク

納品事例

MC-1 ホイールディスク

お客様の声

今回初めてなのですが、3ピース構造アルミホイール用のディスク板を製作していただきました。
ホンダのダックスというバイク用に市販されているホイールリムを使い、製作したディスクをサンドイッチしてオリジナルのアルミホイールとする算段です。
厚さ6mmで、取付けボルト穴4ヶ所、合わせボルト穴8ヶ所、さらに、軽量化のため肉抜き穴加工を施していただきました。
また、せっかくホイールを新品にするので、外観もこだわり、ホイール合わせ面に使用するボルトにピカピカのクロムメッキボルト(ホンダの純正部品)を使用しました。
装着する車両は、光岡自動車のMC-1という1998年から2006年頃まで生産・販売されていたマイクロカー(50ccの自動車)で、元々生産台数が少ないのですが、近頃はまったく見かけなくなった車です。
実用性に乏しい趣味の車ですが、今般、走行安定性・乗り心地の改善を図るため、純正の8インチ鉄ホイールから、10インチアルミホイールへ換装しようと思いました。
ところが、この車はホイール取付けボルトのPCD(対角線距離)が74mmという特殊サイズで、市販されているアルミホイールは存在しません。
一応、メーカーオプションで8インチのアルミホイールはあるのですが、なかなか高価な品物ですし、何か良い方法はないかと考えた末の決断でした。
初めは、ホンダのモンキーというバイク用の市販アルミホイールを、15mm厚のPCD変換スペーサー(PCD91mm→74mm)を製作して装着する構想で、
実際、このスペーサーに関しては発注寸前のところまで進行していたのですが、いざ入手したホイールを車両にあてがってみると、スペーサーの厚み分、どうしてもボディに干渉してしまうことが判り、
一から構想を練り直すこととなってしまいました。
堀井様には大変ご迷惑をおかけすることとなってしまいましたが、快く一旦白紙→再発注を引き受けてくださり、本当に感謝しております。
実は今回の発注にあたっては、ホームページ等で個人レベルの業者様も含めて、5?6社ほど見積もり依頼をさせていただきました。
返信さえいただけない業者様もある中で、(それだけ、限られたコストの中では難易度が高く、普通はやりたがらない仕事なのだと思いました。)
最も迅速にご連絡をいただき、かつ良心的なご提案をいただいたのが日本プレート精工株式会社の堀井様でした。
インターネットで検索するうちに偶然たどりついたのですが、メールでやり取りを繰り返すうちに、(早朝からメールを返信してくださる時もあり)単なるビジネスではない、
クラフトマンシップというかモノづくりに対する情熱・熱意・誇りを持った企業の皆様だと感じました。
10日程の納期の後、届いた現品を確認すると、しっかりと丁寧な梱包で、もちろんバリやスリ等皆無で、量産品には真似のできないとても美しい仕上がりでした。
材料は、限られた予算の中で最高と思われるA2017という高強度なアルミ(ジュラルミン)を使用し、さらに白アルマイトを施し耐食性を高めていただきました。
素人採寸のため不安だった寸法面も、合わせてみるとピッタリ!勘合部に全くガタがありません。感動すら覚えるほどの完璧さでした。
今回、最も苦労したのは(反面、楽しかったのですが)、採寸と構想〜作図および、部品の選定でした。
採寸は、デジタルノギスを使用し、勘合部の外径、ボルト穴のPCD等あらゆる寸法を測りました。しかし、自分の採寸にどうも確証が持てません。
他にもネットで情報収集したり、肉抜き穴の寸法等は類似品の取り扱いメーカーに問い合わせ、参考にさせていただきました。(対応してくださったご担当者様、お忙しい中申し訳ありませんでした。)
作図のほうは、CADなど全く使えませんので、ほぼ自己満足の世界ですが、EXCEL程度のレベルのフリーソフトを使用し、見よう見まねで描いてみました。
その後NPS様のほうできちんとした製図をしていただきました。(実はこの時も後から思いつきで仕様変更し、対応していただいたのでした。しかも迅速に。やはりプロの仕事です。)
部品の選定については、ボルトはクロムメッキのものにしたかったので、ホンダの純正部品番号の法則(頭の大きさ・ネジ径・長さ・メッキの種類)を調べた上で、
該当の部品を発注。ナットはゆるみ止めのついたフランジ付きロックナット(セレート無し)としました。
総括としまして、
・8インチから10インチにアップしたにもかかわらず、タイヤ付きホイール1本当たりの重量がノーマルに比べて、200gの軽量化となりました。(3.9kg→3.7kg)
肉抜き穴が奏功したと思います。バネ下重量の低減は、車の運動性能向上に寄与すると思料します。
・製作コストについて、ワンオフにもかかわらず、別途調達したアルミリム・ボルト・ナットを合わせても、メーカー純正8インチアルミホイールより安価に製作することができました!
これはコストメリットが高いと思います。無理難題に真摯に対応してくださったおかげです。感謝しております。
茨城県 K・I
MC-1 ホイールディスク