WORKS

制作事例

  1. HOME
  2. 制作事例
  3. カメラ・望遠鏡
  4. オリジナルカメラグリップ

納品事例

オリジナルカメラグリップ

お客様の声

愛用のカメラにグリップを付けたいと思いましたが、市販品では良いものが見つかりませんでした。
そこで、オリジナルのものを造ってもらおうと思い立ち、ネットでいろいろ探した結果、日本プレート精工さんにたどり着きました。
当初は、単品だし手の届かない値段かもしれないと躊躇しましたが、お見積りをいただいてみると、当然市販品よりは高いものの、 オリジナル品としては良心的な価格だと感じたので、製作をお願いしました。
仕上がりはとても美しく満足できるもので、自作部分を付け加えて思い通りのカメラグリップを手に入れ、大変うれしく思っています。
また、実は、一度届いた製品は、黒アルマイト処理を忘れたものでアルミ素地のままでした。 そのことを連絡すると、ただちにやり直しをしていただき、3日後にはちゃんとしたものを届けていただきました。 私は、誰でも、どんな会社でも間違えることはあると思っています。
しかし、問題はそのあとの対応ですが、日本プレート精工さんは、申し分のない対応でした。 こういうことのできる相手ですと、こちらとしては大変安心してお願いできるものです。
このことで、却って信頼感が増したと思っています。 また何かを造ってもらうときがあれば、間違いなく一番に相談することでしょう。
ともあれ、世界にただ一つのマイグリップを得て、カメラライフが一層楽しくなるに違いないと思っています。
ありがとうございました。

(補足説明)
(1)革巻きは、黒の革を型取りして赤い糸で縫いました。 丸棒は、もう少し太くても良かったかもしれません。
しばらく使ってみて、もしかしたら改良版を頼むことがあるかもしれません。
(2)で分かるように、プレートのカメラ前方に開けてもらった3つの穴の内、2つを使ってワイヤーを通しています。 位置を選べるように3つ配置しておいたのですが、いま思うと6つ並べてデザイン的にしておけば良かったかもしれません。 ワイヤー留めのカシメは、プレートの切り欠きスペースに納まっています。 (せっかくの美しい仕上げなのに、作業中に小キズをいくつか付けてしまいました。残念・・・) このワイヤーの目的ですが、ストラップのスナップを掛けるリングとなっています。 使い方は、肩に斜め掛けできるロングストラップ(写真では短いストラップです)に、カメラを逆さまにぶら下げた、いわゆる 速写スタイルです(3)が、普通はフックがカメラ底部にあって突起となり、カメラを置くときに困るのです。 前方に柔軟性のあるリングを付けることで、(4)のようにペタッと置けるという具合です。
(5)は、雲台に取り付けたところです。 プレートには、45度に傾斜した羽部を造ってもらいましたが、そこにアルカスイス型のクランプが強固に噛みあっています。 目立ちませんが、重要な羽部です。精度の良い造作により、ぴったり取り付けられて安心して使えます。
kaijyu
オリジナルカメラグリップ